映像・3DCG向けワークステーションとサーバーのゼウスコンピューター

上枠
ZEUSブログ

QNAP NASにLANケーブルを4本挿してみた

IMG_4641

LANポートが4つもあるQNAP NAS。

LANケーブルを4本挿せば4倍速くなる?

いや、そう単純ではないでしょう。

実は、これには色々設定があるようです。

settei

ネットワークインターフェイスの設定。トランキンググループの設定。

どうもこれは4つのポートのうち2つずつ、あるいは4つともすべて、トランキンググループに分けることができるような感じです。

トランキングとは何かというと、要するに複数のポートをまとめて一つにしてしまうということ。

例えば、一本の回線が切断されたとしても、トランキンググループのもう一本の回線が通信を継続し続けるとか。

あるいは、2本まとめて2倍の帯域を確保できるとか!

QNAPでは以下の8つの設定があります。

Balance-rr (ラウンドロビン)
アクティブバックアップ
Balance XOR
Broadcast
IEEE 802.3ad (ダイナミックリンクアグリゲーション)
802.3ad LACPのサポート
Balance-tlb (アダプティブトランスミット負荷分散)
Balance-alb (アダプティブ負荷分散)

正直、これだけ細かい設定の違いはよくわかりません(笑)。説明が難しすぎです。

詳しくはこちらをどうぞ!!http://docs.qnap.com/nas/4.0/jp/index.html?network.htm

どれもフォールトトレラント(一部が故障しても正常動作を保ち続ける能力)とか書いてありますので、一本が切れてもそれを補うような働きはあるんじゃないかと思います。

負荷分散と書いてあるbalance-なんとかかんとかというのが、帯域を太くできる設定・・・?

よくわからないので、とりあえず4本つないで、これまで同様のAfter Effectsネットワークレンダリングをやってみることにしましょう!!

4lan

とりあえず4本つなぎました!!

ここにLANケーブルを4本つないでしまうと、ギガビットハブのポートとそれに繋げるPCは限られているので、とりあえずレンダリングサーバーは1台とし、LAN回線一本のときと、4本にして8つの設定を切り替えてみるということをやってみました。

気になる結果は・・・

 

 

まあ、結論から言うと、どの設定にしても5,6分で片付くので大差ありませんでした(笑)。

実際、スタンドアローンでレンダリングする時間と同じですので、ギガビットLAN回線一本ですでにボトルネックは解消していたわけですね。

まあしかし、負荷分散、フォールトトレラントのために、少なくとも二重化しておくのは良いことだと思います。

ちゃんとネットワークの知識のある方は、この細かい設定を活かせるんじゃないかと思いますので、ぜひお試しいただきたいと思います。

ではまた~

 

コメントを送信する

下枠
NWbgJ[hOKI ZeusT[o[E[NXe[VuO
ql̐ PCCibv 売れ筋ランキング

1

ZEUS Workstation/Core-X

ZEUS Workstation/Core-X

¥212,300

ZEUS 第10世代Core-Xワークステーション

詳細

1

ZEUS WS/Xeon Scalable Dual /ATX

ZEUS WS/Xeon Scalable Dual /ATX

¥368,500

ZEUS Xeon Scalable Dual ワークステーション8メモリ

詳細

1

ZEUS 2U RACKMOUNT/Core X

ZEUS 2U RACKMOUNT/Core X

¥217,800

ZEUS 2U RACKMOUNT/第10世代Core X グラボも積める大きめシャーシ

詳細

1

¥410,300

ZEUS Workstation/第3世代 Ryzen Threadripper/ATX

詳細

1

ZEUS-MULTIGPU/Core-X X299-RTX3090 x2

ZEUS-MULTIGPU/Core-X X299-RTX3090 x2

¥996,600

ZEUS-MULTIGPU/Core-X X299-RTX3090 x2

詳細

SHOPPING INFORMATION

BackToTop
BackToTop
-->